マックイーンの世界

  • ショー

    2022年秋冬コレクションショー

    アレキサンダー・マックイーン 2022年秋冬コレクションショー。

  • ショー

    2022年春夏コレクションショー

    「私は、自分たちにとって生活と仕事の場であるロンドンという環境や、そこで日々経験する物事に没頭することに関心があります。今回私たちは水や、テムズ河畔の泥から、常に変化し続けすべてを包み込む壮大さを表す空へと視線を移しました。コレクションに登場するプリントのアートワークは、セント・ポール大聖堂からロンドン・アイまで、街の素晴らしい景色を眺めることができるスタジオの屋上から撮影されたものです。天候を観察し、夜明けから夕暮れまでの雲の形や色合いを捉え、澄んだ青空から荒れた空へと変化する様々なパターンを記録しました。それがきっかけで、ストームチェイシングをするようになったのです。私は、マックイーンの女性がストームチェイサーであり、ストームチェイサーとしての資質が、服を纏う登場人物たちの情熱的で個性的な共同体を結びつけるという考えが好きです。彼女たちは同じ世界に住み、服は彼女たちからインスピレーションを得て、彼女らのために作られているのです。ストームチェイシングは景色の美しさだけでなく、次に何が起こるかわからないという事実を受け入れることで、神秘的でエキサイティングな感覚を味わうことができます。コントロールすることをあきらめ、予測不可能なものに直接触れることは、自然の一部となり、最も強烈なものを見て感じることであり、私たちよりも大きく強力な世界と一体になることです。」

  • ショー

    2020年秋冬コレクションショー

    「このコレクションは、女性や家族、同僚や友人へ贈るラブレターです。私たちはウェールズへ行き、その芸術的で詩的な遺産の温かさ、フォークロアやクラフトの魂にインスパイアされました。その女性は勇敢で、地に足がついていて、大胆で、英雄的です。キルティングやブランケットから想起される、服に守られているという感覚と、安全性や快適性があります。ハートは、人に寄り添うという一体感の象徴です。」 サラ・バートン、クリエイティブディレクター