マックイーンの世界

  • ルックブック

    SS23 MENS LOOKBOOK

    Science and structure, the dissection of tailoring, deconstructed and reconstructed. Supernature, the cosmos and the night sky. Muted colours reminiscent of the evening glow.

  • ルックブック

    2023年春夏プレルックブック

    2023年春夏プレルックブック

  • ルックブック

    2023年春夏メンズ プレルックブック

    2023年春夏メンズウェア プレコレクション。撮影:Antoine Seiter

  • ルックブック

    2022年秋冬ルックブック

    “The collection is inspired by the idea of community, and specifically by mycelium, by the reality of nature as a community that is far, far older than we are. Mycelium connects even the rooftop of the tallest skyscraper to the plants, to the grass, to the ground, to animals and to human beings. Mycelium has the most profound, interconnecting power, relaying messages through a magical underground structure, allowing trees to reach out to each other when either they or their young need help or are sick. The idea is humbling – beautiful – and, of course, a metaphor for interconnection and for community between people, between us all. We exist as single, individual entities on one level, but we are far more powerful connected to each other, to our families, to our friends, to our community. Given everything that has happened over the past two years, that seems more important than ever. As a community we are infinitely more able to restore, reinvent, rejuvenate – heal.”

  • ルックブック

    AW22 MENS LOOKBOOK

    Closer to the earth. Grounded. References to early Alexander McQueen and to late Fifties and early Sixties Soho: looking to George Dyer and John Deakin. A focus on tailoring and silhouette: fitted, oversized and with asymmetric drape and detailing. Inside-out corsetry. Spray paint silhouette and graffiti prints. The initials of the studio team: a creative community, woven in thread.

  • ルックブック

    PRE AW22 LOOKBOOK

    Closer to the earth. Grounded. A focus on silhouette.

  • ルックブック

    PRE AW22 MENS LOOKBOOK

    The Autumn/Winter 2022 Menswear pre-collection inspired by London skies.

  • ルックブック

    2022年春夏ルックブック

    「私は、自分たちにとって生活と仕事の場であるロンドンという環境や、そこで日々経験する物事に没頭することに関心があります。今回私たちは水や、テムズ河畔の泥から、常に変化し続けすべてを包み込む壮大さを表す空へと視線を移しました。コレクションに登場するプリントのアートワークは、セント・ポール大聖堂からロンドン・アイまで、街の素晴らしい景色を眺めることができるスタジオの屋上から撮影されたものです。天候を観察し、夜明けから夕暮れまでの雲の形や色合いを捉え、澄んだ青空から荒れた空へと変化する様々なパターンを記録しました。それがきっかけで、ストームチェイシングをするようになったのです。私は、マックイーンの女性がストームチェイサーであり、ストームチェイサーとしての資質が、服を纏う登場人物たちの情熱的で個性的な共同体を結びつけるという考えが好きです。彼女たちは同じ世界に住み、服は彼女たちからインスピレーションを受け、彼女らのために作られているのです。ストームチェイシングは景色の美しさだけでなく、次に何が起こるかわからないという事実を受け入れることで、神秘的でエキサイティングな感覚を味わうことができます。コントロールすることをあきらめ、予測不可能なものに直接触れることは、自然の一部となり、最も強烈なものを見て感じることであり、私たちよりも大きく強力な世界と一体になることです。」